第7回TDM-QC研究会

ご案内

日時:2022年8月6日(土)10:00~17:00

オンライン・ライブ配信にて開催
会長:菅原 満 (北海道大学大学院薬学研究院 教授/北海道大学病院 薬剤部長)

参加登録費:

会 員  2,000円  ※会員とはTDM品質管理機構が行うコントロールサーベイに参加した施設に所属する方
非会員  5,000円  

 

参加登録はこちらから »      研究発表申込はこちらから »

 

     参加登録は2022年7月31日(日)まで

 研究発表申込は2022年6月25日(土)まで 受け付けています。

 

ご挨拶

第7回TDM-QC研究会開催にあたって

 TDM品質管理機構の第7回TDM-QC研究会を担当させていただくことになりました、北海道大学大学院薬学研究院/北海道大学病院薬剤部の菅原満と申します。会期は2022年8月6日(土)で、昨年の第6回と同様に新型コロナウイルス感染症の流行を鑑み、完全Web形式での開催として準備を進めております。

 一般社団法人TDM品質管理機構は、TDM(Therapeutic Drug Monitoring)の品質管理について広く研究し、品質を均てん化する事業を行うことにより、わが国の医療に貢献することを目的として設立された機関であり、TDM検査品質の調査・研究を目的とするコントロールサーベイを事業の中心として行っております。2021年度も例年通り、2021年5月に免疫抑制薬、2021年10月に抗がん薬・感染症薬、2022年2月に抗てんかん薬・慢性疾患薬のTDMコントロールサーベイをそれぞれ実施いしたしました。本研究会ではそれらのコントロールサーベイに関するTDM-QC報告を行うとともに社員総会を開催いたします。また、詳細は決まり次第お知らせいたしますが、新型コロナウイルス感染症への対応やTDMの実践に関する特別講演および共催セミナーを予定しております。

 新たな変異株の出現など新型コロナウイルス感染症の影響が長引いている中ではありますが、様々な対策を講じながら日常診療を継続されている皆様のご尽力に感謝と敬意を表します。本研究会が、皆様の活動に有用な情報を共有できる場になるようにしたいと考えておりますので、TDMを活用した適切な薬物治療や、測定精度管理による適正化に関心のある多くの関係者の皆さまのご参加をお待ちしております。 

第7回TDM-QC研究会

会長 菅原 満

(北海道大学大学院薬学研究院教授/北海道大学病院薬剤部長)