参加のお申込み

TDMコントロールサーベイのご案内

 免疫抑制薬、抗てんかん薬、抗菌薬、循環器薬に関するTDM標準化ガイドラインが刊行され、各種疾患治療においてTDMを実施する際の標準手順および目標指標値が明らかになりました。しかしながら、薬物血中濃度測定は検査施設間あるいは検査方法間で測定値のズレを生じるため、同一検体を全国の検査施設で分析して施設間・検査方法間の差異を調査し、その結果を各検査施設へ還元する外部精度管理(コントロールサーベイ)活動が必須となります。それによりTDMに基づく個別化投薬の品質が保証されます。

 医療法等の一部を改正する法律(平成29年法律第57号)が平成30年12月1日に施行され、検体検査の精度の確保の方法が求められるとともに、検体検査の分類が見直され血中薬物濃度検査(TDM)が明記されました。

 一般社団法人TDM品質管理機構は中立的な第三者機関として、主に保険適応されている特定薬剤治療管理料対象薬を中心に5疾患群29薬剤のTDMコントロールサーベイ事業(外部精度管理活動)を担います。血中薬物濃度検査の精度について全国調査を行い、その結果を参加施設や学会等に報告することによって、日本の医療におけるTDM品質の均てん化・維持・向上を図ります。

 つきましては、医療機関(臨床検査部門、薬剤部門、診療部門、事務管理部門)、ブランチラボ、衛生検査所、測定試薬・機器等の製造販売企業の皆さま方には、一般社団法人TDM品質管理機構のコントロールサーベイ活動に参加いただきますようご案内申し上げます。検体検査に携わる全国の皆さまの参加をお待ち申し上げております。

  • 新着情報
  • コントロールサーベイのお知らせ
  • 研究会のお知らせ
> 一覧を見る
2018年08月28日

コントロールサーベイ年会費および参加費を改定いたしました。(2018年8月4日社員総会にて承認)

詳しくはお知らせのページをご覧ください。


2018年08月15日

2018年度免疫抑制薬TDMコントロールサーベイの結果をアップロードしました。

会員専用ページよりログインしてご覧ください。


2018年07月13日

第3回TDM-QC研究会プログラムはこちら


2018年06月05日

2018年度免疫抑制薬TDMコントロールサーベイ測定結果の入力期限は6月22日(金)です。

会員専用ページよりログインしてください。(結果の入力はこちらから。)


2018年06月05日

第3回TDM-QC研究会を以下の日程で開催します。
日時:2018年8月4日(土曜日) 9:30~16:30
会場:ヤクルトホール(東京都港区東新橋1丁目1-19)
会長:栄田 敏之(京都薬科大学 薬物動態学分野教授)
参加登録・演題登録、受付中です。こちらよりご登録ください。

演題登録は6月30日までです。


2018年08月28日

コントロールサーベイ年会費および参加費を改定いたしました。(2018年8月4日社員総会にて承認)

詳しくはお知らせのページをご覧ください。


2018年06月05日

2018年度免疫抑制薬TDMコントロールサーベイ測定結果の入力期限は6月22日(金)です。

会員専用ページよりログインしてください。(結果の入力はこちらから。)


2018年04月19日

2018年度のQC用検体の発送予定は以下の通りです。

・5月15日(火)までに「年会費の支払登録」が済んだ施設・・・5月22日(火)発送予定

・5月31日(木)までに「年会費の支払登録」が済んだ施設・・・6月5日(火)発送予定

なお、結果の登録は6月22日(金)までにお願いいたします。


2018年03月02日

2018年4月2日(月)より2018年度免疫抑制薬TDMコントロールサーベイの受付を開始いたします。

2018年度の実施要綱はこちらをご確認ください。


2017年06月19日

2017年度の免疫抑制薬TDMコントロールサーベイの申し込みは締め切りました。

なお、測定結果の入力は6月23日(金)までにお願いします。


2018年07月13日

第3回TDM-QC研究会プログラムはこちら


2018年06月05日

第3回TDM-QC研究会を以下の日程で開催します。
日時:2018年8月4日(土曜日) 9:30~16:30
会場:ヤクルトホール(東京都港区東新橋1丁目1-19)
会長:栄田 敏之(京都薬科大学 薬物動態学分野教授)
参加登録・演題登録、受付中です。こちらよりご登録ください。

演題登録は6月30日までです。


2017年03月13日
第2回TDM-QC研究会を以下の日程で開催します。
日時:2017年8月5日(土曜日)
会場:ヤクルトホール(東京都港区東新橋1丁目1-19)
会長:髙原 史郎(大阪大学医学部先端移植基盤医療学)
詳細は追ってお知らせいたします。